ユーパーライト(Yooperlite)

☆シンデレラ・ストーン

「ユーパーライト(Yooperlite)」サイキック ・リーディング。

 

2017年6月、アメリカ・ミシガン州スペリオル湖の湖畔で、エリック・リンタマキ氏が発見。

2018年9月にこの新種ストーンが全世界に発表されました。

(私も、発見者のエリックに直接連絡が取れましたが、世界中に流通が始まっているようです)

私は発表された翌日、アメリカ・デンバーで、クリスタル・ヒーリング界のカリスマ「A・メロディ」先生から「サトシ、新しい石が出た。」と詳細と写真を印刷して下さった2枚の紙を頂いた。この日はメロディ先生のご自宅で、メロディ先生の個人所有の石を購入させて頂いており、メロディ先生からこのユーパーライトを知らせて頂いてなければ(何処かから普通の情報として知ることになったのであれば)、今回それほど興味を持たなかったかもしれないです。

何か「ご縁」があったように思います。

いつもお世話になっているT先生(静岡在住のサイキッカー)によるサイキック ・リーディングをお願いしました。

今回の投稿で私は「シンデレラ・ストーン」とサブタイトルをつけましたが、このユーパーライトは、シンデレラのような立場の人たちに大きなサポートが成されるスーパーストーンだからです。

 

サイキック ・リーディング………

努力を重ね、健気に頑張っているのに地味で目立たない人たち、影になっている人たちに愛を注ぎ、パワーを与える、スポットライトを当てサポートをする。

弱者を守る、報われるようにする、辛酸を舐めるような日々を過ごしたシンデレラに愛を注ぐ感じのサポートをするようです。

 

例えるならフィギュアスケートの浅田舞、浅田真央。どちらも努力に努力を重ねたフィギュアスケーター。

最初から注目され、スターになった浅田真央をサポートするのではなく、「浅田真央」中心の家庭で育った中、親からも中々認められず、辛い日々を努力しながら健気に生きて来た姉「浅田舞」のような立場の人たちに愛を注ぎ、パワーを与えるようなサポートをするのが、この「ユーパーライト」。

 

T先生によりますと、今後有名なヒーラー或いはリーディングを得意とする有名人による「ユーパーライト」の意味付け内容で、地位がある、名誉がある、お金があるなど既に表面的に満たされた人たちが買い漁ってしまい、使われ方、持つべき人たちにズレが生じる可能性が出て来るかもしれないということでした。

既に成功し、自ら光り輝いている人たちには「ユーパーライト」は余り意味がない、必要の無い石であるようです。

 

「月」のイメージを持つ「ユーパーライト」。No1ではない良さ、いぶし銀。

浅田姉妹、シンデレラにあるような、親子、兄弟、姉妹の血縁関係の中の確執、友達、会社の同僚間の関係を含めて、問題ある様々な人間関係の「今」に必要な石であるということでした。

サイキック ・リーディングはそれを保証出来るものではありませんが、ピンと来た方には、お役に立てるかもしれないパワーストーンと言えるでしょう。

 

T先生からは「柚井さんは、No1になって頑張っている人より、努力が認められずに、結果が伴わず悩み苦しんでいる人たちが気になり、サポートしたい性格ですよね?だから今回この石たちと「縁」があったのです。この石たちは柚井さんのような人を通して沢山の方々のところへ行きたいのです」と言われました。

主旨が同じなのですが、紫外線ライトを当てた時だけ、鮮やかな模様が浮かび上がる不思議な石であるため、人生や生き方を模索する上で、「観る角度」や「観る方法」を変えることで新たな視点で捉え、新鮮な人生、これまでとは違うと思えてしまう人生を歩むサポートをするキッカケになるなどのリーディング結果も出ています。

 

まだ日本では少ないですが、今後は流通するのが早く、色んなショップから販売されるようなイメージの石です。

「レムリアの太陽」では本当に必要な方々に確実に渡るよう、努力精進します。